日帰りで出来るレーシック手術

視力だけの悩みではなく遠視や近視などで悩みを抱えている人も多くいらっしゃることでしょう。
レーシックではそのような悩みを持っている人も驚きの効果を実現することが出来るのです。 レーシックは手術と言いましても入院をする必要は無く、日帰りで全てを終わらせることが出来ます。
術時間も10分前後と大変短く、個人差はありますが翌日には視力が回復してきます。
レーシックというのは、「Laser Assisted in-Situ Keratomileusis」の略であり、世間的に次第に広まってきています。
エキシマレーザー装置を使い、目の表面の角膜の一部を削っていき、角膜を調整させ視力回復を実現させていきます。

 

現在におきましてはレーシック手術が一般的に実施されているアメリカでは年間100万人以上の患者さんがレーシックを受けています。
この数字というのはアメリカで近視になっている人の約一割であり、非常に関心のある手術と言えるでしょう。

オフィス移転はここ
http://www.zeroin.co.jp/



日帰りで出来るレーシック手術ブログ:18年02月21日

今や減量ブーム。
その中でマスコミの情報は恐ろしいものです。

テレビで「減量特集」が放送されると、
次の日には、
大きな話題となって世の中に飛び出していきます。

その日を機会に、
ある本が飛ぶように売れたり、
スーパーからある食材だけが品切れ状態になったりします。

そして、
誰もが簡単に減量できるという
「錯覚」に陥ってしまいます。

確かに、
減量は簡単に始められます。

しかし、
ご飯を制限する方法や一定の食材での減量には、
恐ろしい結末が待っています。

1週間位前、テレビで
減量の悲劇が取り上げられていました。

キャリアウーマンのSさん(28)は仕事熱心。
仕事に集中していたため、彼氏もいませんでした。

ある時、
外資系のエリートサラリーマンとの合コンの話が持ち上がり、
それに向けて減量をスタートさせたのです。

減量内容は、
ごはん、お肉は一切取らないで
野菜サラダだけ食べるという過酷な方法でした。
それでも思うように痩せなかったSさんは、
海草類などの食材を1日一食にするようになりました。

そんなある日、
首のあたりに小さな「しこり」があるのに気がつきました。
それから彼女に異変が起こり始めました。

朝方起きるとひどい頭痛に悩まされたり…
ふらつきや吐き気を感じ、
嘔吐することもあった…とか。

合コン後も
減量を続けたSさんは、
救急車で病院に運ばれました。

懸命な治療の甲斐なく、
28歳という若さで命を落としてしまいました。
彼女の病名は、結核性髄膜炎。

結核菌が感染し、
脳の髄幕が炎症を起こす疾患のことです。
彼女の場合、
偏ったご飯を続けたことが引き金になったんですね。

命と引き換えの減量…
恐ろしいですよね!