手術なので確実に成功するとは限らない

レーシックについての口コミサイトが最近多くなってきましたが、これはまさに必見の情報サイトと言えるでしょう。
ただし中には悪質なレーシッククリニックへの誘導サイトも存在しているので注意が必要です。 レーシックによって視力を回復することに成功をした人達というのは、手術前に自分自身でしっかりと勉強をしています。
しかし感染症を引き起こしてしまったり、失敗してしまった人達は、勉強を怠っていたというデータがあるのでご注意ください。
レーシック手術を受けることによって失敗をしてしまうことはほぼありえませんが、100%失敗をしないというワケではありません。
人間の手によって手術がされている以上、ミスを引き起こしてしまうこともあるので、もしものためにいろいろと勉強をしておきましょう。

 

まずはクリニックで発生した合併症や感染症の感染率などを事前に必ず下調べをしておきましょう。
その時にレーシックを受ける候補に入っていたクリニックで発生率が高かったというデータがあれば、そのクリニックは避けるべきです。



手術なので確実に成功するとは限らないブログ:18年07月15日

おいらたち夫婦には、
生後三月になるお子様がおります。

もちろん可愛くて仕方ないんですが…
とにかく泣き声がデカイ!!

「オギャー、オギャー」はかわいい方で、
あまり構わずにいると…

「ギョエ〜、ギョエ〜〜!ギャアア〜!!」と、
まるで虐待されているのではないか
と周りの人に思われるくらいの泣きかたをしてくれます。

家内とおいらに余裕があるときは、
「そうか、そうか、なにを泣くことがあるの。ハハハ」
なんて、笑って接してあげているんですね…

しかし、おいらたちも人間です。
疲れているときもあれば、余裕がないときもあります。

そんなときに、
「ギョエ〜!ギョエ〜〜!!」と泣かれると、
「うわぁ〜、もぅ疲れてるから、静かにしてぇ〜」という気持ちになったり、
「ちょっと、頼むから寝かせて!!」という気持ちになるのです。

こんなとき、
家内かおいらかどちらかに余裕があれば…

「パパは今日疲れているから、休ませてあげようね〜」とか
「ママはいま手が離せないから、パパと遊ぼうね〜」などと
お互いを気遣いながら、助け合うことができるのですが、
問題は、夫婦両方が疲労困憊のときです。

おいらが一番キツイなぁ〜と思ったのは、
やはり睡眠不足からくる疲れでしょうか。

おいらも、昼は仕事に出かけていますし、
家内もお子様と付きっきり状態になると、
少し息抜きする時間が欲しくなります。

特に、
お子様と親の感情は繋がっているなぁ…と、
シミジミ感じるのですが、
疲れ果てて機嫌が悪い日に限って、
お子様も機嫌が悪いのかすごく泣いてくれるんですよね。

抱いても、おしめを交換しても、おっぱいをあげても、
「ギョエ〜!ギョエ〜〜!!」
もうお手上げ状態で、おいらたちの方が泣きたくなります…