手術なので確実に成功するとは限らない

手術なので確実に成功するとは限らない



手術なので確実に成功するとは限らないブログ:16年06月16日


減量って、
成果が出てくれば、俄然やる気を増すものですよね。

「今まで入らなかったジーンズがはけるようになった」
とか
「ちょっとからだのラインがすっきりとしてきた」
などという成果が出てくれば、もっと頑張ってみようと思うもんです。

ところがなかなかうまくいかないのが減量のつらいところ…
特に減量の成果がいつ出るかという決まりなどありません。

まさに「ゴールのないマラソン」のような減量。
だから、しびれを切らしてやめてしまったという経験を
皆様も持っているかもしれませんね?

減量についての情報が掲載されているサイトがあります。
また、減量の体験記を記しているサイトもあります。

そんなサイトを見ていると…
減量にチャレンジしてみて、
実際に減量が成功した人の話には共通している、
一つの法則があるみたいなんです。

それは、
短くて二週間、長くても三週間、
減量を続けていると、何らかの成果を実感することができる!
ということです。

具体的には、
からだのラインが細くなったとか、体重が減ったとか…
という効果です。

ですから、
減量に挑戦してみたい、
でもやり続けられるか自信がないという人は
二週間だけ頑張ってみてはいかがでしょうか?

「二週間」という風に区切ってしまえば、
何とかつらくてもやり続けられるのでは?

そこで、もし減量の成果が出てくれば勇気百倍!!
きっとその後も
減量を継続して続けることができるはずです。


手術なので確実に成功するとは限らない

手術なので確実に成功するとは限らない

★メニュー

レーシックはどのように行われるのか
手術なので確実に成功するとは限らない
レーシック治療の実績数は要チェック
日帰りで出来るレーシック手術
まだまだ新しい技術のレーシック
割引制度を利用してレーシック手術
何よりもクリニックのサポート体制に注目
これからは裸眼で快適に生活
レーシックの安全性は非常に高い
事前にレーシックの給付金を確認


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)徹底レーシック比較サイト