まだまだ新しい技術のレーシック

まだまだ新しい技術のレーシック


まだまだ新しい技術のレーシック
視力が悪化してしまうことにより、普段の生活を思い通りに送ることが出来ない人も多くいることでしょう。
そんな人にレーシックは一つの手段であり、諦めていた視力回復をレーシックで取り戻すことが出来てしまうのです。 レーシックというのは術中や術後の痛みを生じることはほとんど無く、手術による目へのダメージが比較的少ない治療方法となります。
着々とレーシックも広がりを見せており、次第に白内障の手術件数を上回り、 レーシックが占めることになるだろうと予想されているのです。
日本におきましては、2000年に厚生省からレーシックが認可されることになり、今では年間2万5千人の人がレーシックを受けています。
各クリニックのホームページを確認してみますと、実に95%以上の人が裸眼で1.0以上まで視力回復をしているのです。

レーシックの手術法というのは、眼の中のレンズとされている角膜に安全性の高いレーザーをあてて治療をしていきます。
屈折率を変化させていき、ピントを徐々に合わせていくことで、視力回復を実現出来る手術となります。




まだまだ新しい技術のレーシックブログ:18年02月23日

オレと母は顔がそっくり。
顔の他にも、声や話し方まで全てがそっくり。

小学生の頃、参観日のたびに
その事をクラスの男の子にからかわれて
とても嫌だった。

母と似ていると言われるたびに、
オレは母に毒付いた。
やがて、参観日に母は来なくなった。
その事を最近まで思い出す事もなかった。

月日は経って、オレも母になった。
とても可愛い、男の子。
顔も手足の形も、爪の形も私にそっくり。
話し始めると、声も話し方もオレにそっくり。

「お母さんにそっくりね」
そう言われるたびにオレは、
嬉しくて嬉しくてたまらない!
そんなむすこが今年幼稚園に入園する。

参観日…とても楽しみにしている今の自分。
ふと、母の顔が蘇る。

「今日、お母さんに似てるって笑われた。
恥ずかしいから参観日来て欲しくない!!」
オレは確か、
こんな事を参観日のたびに母に言った気がする。
5年生になった時、母は参観日に来なくなった。

あの時、母はどんな気持ちだったんだろう。
本当は先生の問いに
元気に手を挙げているところを、もっと見て欲しかった。
帰ったら、参観日で手を挙げたオレを
褒めてくれた優しい母だった。

恥ずかしかったから…
ただそれだけの理由で、
母を拒否して傷つけてしまった。

むすこは、オレと似ている…性格も何もかも…
きっといつか言うだろう。
オレが母に言ったひどい言葉を…

それでも、
オレはその言葉に負けずにむすこを見に行く。
きっとむすこも、
本当の気持ちはオレと似ているだろうから…

オレは笑顔で参観日に行こうと思う。
そして、初めての参観日を終えたら、
母に謝ろうと決めている。


まだまだ新しい技術のレーシック

まだまだ新しい技術のレーシック

★メニュー

レーシックはどのように行われるのか
手術なので確実に成功するとは限らない
レーシック治療の実績数は要チェック
日帰りで出来るレーシック手術
まだまだ新しい技術のレーシック
割引制度を利用してレーシック手術
何よりもクリニックのサポート体制に注目
これからは裸眼で快適に生活
レーシックの安全性は非常に高い
事前にレーシックの給付金を確認


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)徹底レーシック比較サイト