まだまだ新しい技術のレーシック

視力が悪化してしまうことにより、普段の生活を思い通りに送ることが出来ない人も多くいることでしょう。
そんな人にレーシックは一つの手段であり、諦めていた視力回復をレーシックで取り戻すことが出来てしまうのです。 レーシックというのは術中や術後の痛みを生じることはほとんど無く、手術による目へのダメージが比較的少ない治療方法となります。
着々とレーシックも広がりを見せており、次第に白内障の手術件数を上回り、 レーシックが占めることになるだろうと予想されているのです。
日本におきましては、2000年に厚生省からレーシックが認可されることになり、今では年間2万5千人の人がレーシックを受けています。
各クリニックのホームページを確認してみますと、実に95%以上の人が裸眼で1.0以上まで視力回復をしているのです。

 

レーシックの手術法というのは、眼の中のレンズとされている角膜に安全性の高いレーザーをあてて治療をしていきます。
屈折率を変化させていき、ピントを徐々に合わせていくことで、視力回復を実現出来る手術となります。



まだまだ新しい技術のレーシックブログ:18年09月20日

減量にしっかり成功すれば、
「食べだしたら止まらない」という症状は
きっとなくなると思います。

たとえ起きたとしても、
それは多分「たまに」という程度になるのではないでしょうか。

なぜなら、
減量の本来の目的である、
「内面から綺麗になる」ことを実現できたなら、
「ウエストいっぱい」
というレベルをきちんとからだが知っているからです。

僕も、今は食べ過ぎたなと思うときもありますが、
以前のように、
食べ過ぎなのに更に食べてしまうという…
いわゆる暴食はなくなりました。

からだが「これでもう十分だよ!」と
歯止めをかけてくれるんですよね。

かく言う僕は…
以前は食べ過ぎてしまうのなんて、日常茶飯事でした。

なのにリセットできないから、
体重はどんどん増えていく…
いつまで経っても消えない悩みだったんです。

リセットしようと思うと、
次の日食べなかったり、下剤を使ったり…

からだにもよくないし、
結果的には体重を戻せたとしても
食べなかった分リバウンドしてしまったり…

だからこそ、
下剤などに頼らず、
リセットのできる体質になる事が大切なんですよね。

適度な運動と、
バランスを考えた食事を実践する…
正しい減量法によって、
内面から綺麗なからだになっていれば、自ずと
体質も変わっているはずです!

リセットできる体質、正しいリセットの方法を知り、
安心して食事を楽しみましょう!

ただ単に体重を減らせば良いという減量ではなくて、
根本的に体のことを考えた減量に励みましょう!

明日はいい日だ。がんばろ〜^^