レーシックはどのように行われるのか

メガネ等を使っている人の多くは裸眼で周囲が見えるようになることに大きな期待と不安を持っていることでしょう。
レーシックで視力を取り戻した人の多くは驚きの声を隠すことが出来ないほど喜びに満ちているのです。 レーシックにおきましては、まず最初に眼球に麻酔をすることとなりますが、これは目薬となっているので注射で痛みを感じる麻酔ではありません。
目薬の液体の中に含まれている麻酔となる成分で効果が出て、このことを点眼麻酔と言います。
レーシックが実際にどのようにして行われているのか大まかな手術方法を事前に理解しておくようにしましょう。
「レーシック手術の話を聞きに行ったらイメージと全く違う」とならないように勉強をしておきましょう。

 

実際のレーシックにおきましてはレーザーで角膜を削り、その場所にレーザーを照射させ、フラップを調整していくこととなります。
最終的には抗生剤が含まれた目薬を挿して終了となり、その時間は15分〜30分程度と非常に短くなっています。



レーシックはどのように行われるのかブログ:18年07月19日

私は息子の頃を思い出すと、
いつも裸電球のうす暗いトイレが浮かんでくる。
ちり紙のかわりに新聞紙が置かれている…

その頃の私は
色のない世界を生きているようだった。
どうして私の家は貧乏なのだろう。

私はお金持ちの家の息子に生まれたかった。
チャイムの鳴る家、きれいなトイレ、
フリルの着いたブラウス、スナック菓子、そして自動車…

私は、いつも空想の世界で生きていた。
欲しい物は、何一つ手に入らない…
魅力的な品々は、次々と目の前に現われては素通りしていった。

田舎が嫌い、農業も嫌い!
私は、地元の高校へ行かなかった。
少しでも家から離れたかった。

高校卒業後、
貧しいにもかかわらず、
両親は、私の進学を許してくれた。

しかし、卒業したものの就職先も決まらず、
私は家に戻ることになった。

田舎に戻った私に、両親は何も言わなかった。
居心地も悪く、私は地元で仕事を探した…

地元に就職して、2ヶ月が過ぎた頃、
私は農家の長男と知り合った。

農家の長男、跡取り…
不安な材料ばかりだった。
やめよう、幸せになんてなれない…
やっぱり普通のサラリーマンがいいな。

「私たち、お父さんやお母さんに
遊びに連れていってもらったことなんて一度もなかったよね」
姉と二人で、農家なんて嫌だと話していた。

この家で、幸せなことは何一つとしてなかった。
現に目の前には、
不幸の象徴であるママがいるではないか…

その時だった。

「農家はたいへんだけど、秋に米ができるとうれしいもんよ」
ママがぽつりと言った。

ママの口からではなく
ママの体の奥から、
さらりと出てきた言葉のようだった。

それは、長い間、農作業をしてきた
体から出てきた魂のひびきにも聞こえた。